我欲ビックバン

ホリエモンが、「ロボット」とか「AI」とかゆうとんな?それって何?
「ロボット」ゆうんは、「工業」やな?
つまりは、「工業」で、「産業」をコントロールしよう、ゆうわけや。突き詰めれば、工業と産業のドッキング、ゆうことやな。
工業、産業、って何?「手段」や。ホリエモンがおるから「システム」と置き換えてもええわ。特別やで。
マイナスとマイナスを掛ければプラスになるな。
さらに、そこに、もう一つのプラスがあれば?プラスとプラスが互換性を持ち、一気に肥大化し、自らの重みに耐えられず崩壊を始め、ブラックホールができる。
それが終わる頃に、ビックバンが起きる。
つまりや、
「工業と産業」根っこにあるのは、「消費」
んで、もともと、存在してるのは、「欲求」
消費と欲求が結びつけばエライ事になる。
いや、もっとだ!
消費とゆうのは?
「人間の意思の産物」であり、
すなわち、「人の意思」と「人の欲」によって、
「我欲ビックバン」が起きる。
で、なに?
ホリエモンは何言ってる?
「工業と産業」のドッキング。
結局、何しようとしてる?
「人間を作ろうとしている」んやな。
かわらねーなー!
じゃあ、「我欲ブラックホール」は?
「ひきこもり」だよね。
そうだろ?
ミスターフランケンシュタイン
つまり、同じ事を繰り返しているだけだ。
イノベーション
拾うべき革新を捨て去り、すくい取るべき「人間」を喰い殺し、
発想の転換なんか、チョロっとも起きちゃいない。
ネタ切れ乙。
いつか来た道。
世界は変わって無い!
それでも地球は回っている。